2017年5月24日

東京、雨上がりの夕晴れ  David Hidalgo & Marc Ribot Duo


© tsubakuro





久々の渋谷。
そのむかし、ここでPV撮ったなあ、フレームに写し思い出す。
お、パルコなくなってる。


© tsubakuro
© tsubakuro


Los Lobosのデイヴィッド・ヒダルゴと、
あのマーク・リボーが、デュオでライブ。

おおっ・・・!
これってもしや。

名盤に、この人の名前有り。
高校生の頃、John Zorn と彼の周辺の音楽にハマって、
氏のギターを、知ったんじゃなかったかな。
フリーミュージック、ジャズから歌謡曲まで、股にかけつつも、
その音像から放たれる空間は、独特で、
抽象と常套を、鋭利に刻み、繋げる。
遠雷のような、美しきギターワーク。

無調とブルーズを、これだけテイストフルに弾ける人は、彼しかいない。
そのひたむきさと隔てなさ、ブレない感受性。
誰かのアルバムで、彼の名前を見つけると、
途端に、聴いてみたくなるんだよね。
遂に、初ライブ体験。

Doc Pomus トリビュートアルバムでの「Lonely Avenue」。
あまりにカッコ良く、
遅まきながら、狼たちにハマる。
実は相当オルタナな、実験精神バリバリの音を通過しつつの、ルーツミュージック。
振り子が大きく振れる分、シンプルなブルーズでも音空間が独特で、
これが土の景色を、極彩色に鳴らす。
実験含め、どこかサザンオールスターズっぽいんだよね。
イイ声のヒダルゴさんと桑田さん、共にソウルフルなヴォーカルスタイルが最高。
ラテンルーツと歌謡ルーツ。
職人的筆致でもって、大胆なドローイングを美しく見せちゃうという、
鍛えられた音楽。
彼らのなかでも、レイドバックした近作、車中ヘビロテ中。


© tsubakuro
© tsubakuro


どんな風になるのかな。

個人的に、
リボーの、制約の中での逸脱と、
ヒダルゴの、攻めすぎないアメリカーナ風情、
その辺りが好みだったので、
この組み合わせって、
まさにそこを引き出し合う感じになりそうじゃん、大大大期待。
運良く最前列に座らせて貰え、こりゃ幸先イイゾ。

ライブは、交互に選曲するスタイルで進む。
ヒダルゴが、おもむろにチェロ?を指弾きし、
リボーは、旅ギター?小ぶりなやつを、立体的にかき鳴らす。
大体、どちらかがアコギのときは、他方はエレキで厚みを持たせる。
ボクは下手側、リボーのプレイが眼前だったので、
彼のパンキッシュなボーカルと、のめり込むギタープレイに圧倒。
こりゃ、写真撮りてえわ(笑)。
そして意外や、こんなに歌う人なのね。
ヒダルゴは安定の歌声、同じくらい気持ち良く歌うギター。
極上の赤身肉食べてるかのよう、ザ・旨味。

どこまで決まっているのか分からない、開いた空気感。
しかし、ユルさは全くなし。
ニッティングファクトリーかどこかの、アフターアワーズに、
運良く紛れ込んで、こっそり聴かせて貰えているかのよう。
静かに盛り上がる、客席。
時折、皮肉っぽく笑うリボー。
泰然と、曲終わり毎に、自然と笑顔で頷くヒダルゴ。
お互いの音を、引き立て合いつつ、
お互いの主張を、鋭く切り込ませる様に、おーっと唸る。
今やアメリカはあんなことになってるってのを、
滲ませる陰に対して、陽の提示も忘れない。

しかし、マーク・リボーのギターって、
なんでこんなに、気持ちイイんだろう。
録音を聴いて、常々思っていたことが、
ライヴで裏切られるどころか、より確信してしまった。
雑多なエフェクター類と、ボロボロのフェンダージャガーが紡ぐ、
スペースのある響き。
ギター、とりわけエレキギターを操縦しきる、
クッキリ陰影のある、深い奥行き。
職人的な技術と、尖り切った創造の感受性、
ここまで高いところで、両方保ち得るには、
よっぽどの確信と、切実な不満、安堵しない気分、
老獪な技術と、ヒリヒリした精神。
良い仕事を続けるってことは、安定を担保してしまいがちだけど、
このギターは何だ。
若い頃聴いた彼の昔のアルバムより、遥かに成熟したプレイなのに、
尖り具合は全く不変。
あぁ、気付かされた。そうだった。鮮明にしておかなくては・・・!!!


© tsubakuro
© tsubakuro


2回のアンコール。
What's Going on、in the Midnight Hour と、
立て続けに、ゴキゲンなナンバーを披露。

余韻に浸るその足で、渋谷の夜定食を頂き、
チャリにて、夜の淡島通り。


© tsubakuro


願わくば、このデュオプロジェクト、CD化して欲しい。
ライヴとスタジオの2枚組とか、どうです?
その折には、ジャケ写、任せてください(笑)。





---デヴィッド・ヒダルゴ2選

この郊外感。
Town & The City / Los Lobos (2006)

ここで完全にハマりました。
'Til The Night is Gone / V.A. (1995)


---マーク・リボー2選

先鋭と成熟の現在進行形。
Silent Movies / Marc Ribot (2010)

ここで完全にヤラれました。  R.I.P.鈴木清順
殺しのブルース / 巻上公一 (1992)

0 件のコメント:

コメントを投稿